川崎 夜勤専従看護師

外科系の病棟で働きたいです。事前にどんな勉強をしておけば良いですか?

外科病棟というのは、消化器外科、脳神経外科、整形外科、泌尿器外科などの種類があり、
対象となる患者さんの疾患も異なります。
外科病棟は、急性期の患者さんが入院しているので、急性期看護についての勉強をしておく必要があります。
そして、外科病棟で必ず行なわれているのがオペです。
毎日数件のオペが行なわれている職場もあります。
オペが行なわれる際の看護師の仕事は、とても沢山あります。
オペ前の検査、オペ出し、オペ迎え、それに、オペ後のケアも重要な仕事です。
オペ後というのは、合併症を起こしやすいので、それを予防する為の介護や、
合併所を起こした場合の対処の仕方なども理解しておく必要があります。(^=O)

 

そして、急性期の病棟で頻繁に起こるのが急変です。
急性期の患者さんや、オペ後の患者さんは急変を起こしやすく、心配蘇生法についての知識や技術を身につけておく必要があります。
さらに、急変が起きた時は、迅速な対応をしないと、患者さんの予後に関わってしまいます。
ですから、素早い正確な判断と行動が求められます。
急変を起こさないようにする為に、事前に気づく為の知識、それに、急変が起きた時の対処方法を理解しておく事はもっとも大切です。
オペ後の患者さんは、皆さん24時間心電図モニターをつけています。
心電図のモニターの読み方も勉強しておくと、楽に仕事ができると思います。

 

外科病棟での看護師の仕事は、肉体的にも精神的にも負担が大きく、常に慌ただしい状況です。
わからない事があっても、仕事中は質問しにくい雰囲気がありますから、事前にしっかりと勉強しておく事をお勧めします。
重症度の高い患者さんが沢山入院していますから、看護師としての高い技術や知識を身につける事ができる職場です。(^^)d