在宅ホスピスを開きたいと言うドクターを知っています。患者さん思いで、とても優しい尊敬できるドクターですよ。

癌などの疾患で、終末期の患者さんは、最期の時を病院で過ごすという方もいますが、
ホスピスや在宅ホスピスを選択する方も沢山いますよね。
最近はとても増えています。
病院というのは、治療を目的としている所なので、最期まで諦めないで、抗がん剤や化学療法、
放射線治療などを行っています。
だから、病院では、患者さんがその人らしい生活を送りながら、最期の時を迎えるというのは、難しいですよね。
でも、ホスピスを行っている施設だったら、自宅に近い環境を作って、家族や大切な人達と過ごす時間を大切にして、
その人らしく生活する事ができるんですよ。

 

患者さんにとっては、住み慣れた自宅が一番良い環境ですよね。
最近は、在宅ホスピスも少しずつ増えているんですよ。
でも、まだまだ対応できるドクターが少ないので、なかなか難しいですよね。

 

私が働いている病棟のドクターは、在宅ホスピスを専門的に開きたいと言っているんです。
そのドクターは、とても患者さん思いで、患者さんや家族だけではなく、スタッフからの評判もいいんですよ。
ドクターは、お母様を癌で亡くされているので、終末期の緩和ケアにとても関心があるんです。
一般病棟では、ホスピスのような対応はとても難しく、急性期の病棟の場合は、急変など、患者さんの対応に追われてしまうので、
患者さんと充実した関わりを持つ事がなかなかできないんですよね。
ホスピスは、やはり専門の施設が必要だと思うんです。
うちのドクターのような、患者さん思いの優しい方が、在宅ホスピスを開いてくれたら、多くの患者さんが救われると思います。
今後、もっともっと、在宅ホスピスが増えてくれる事を期待しますね。
一人でも多くの方が、その人らしい最期を過ごせるような環境が増えて欲しいと思ってます。