川崎 夜勤専従看護師

入院をしていても家族の患者さんに対する責任ってありますよね?忙しいとは思いますが、ほんの少しでも面会に来て頂けると患者さんも救われますよね。

患者さんの中には、長期に渡って入院を強いられている方もいますけど、入院生活って、
本当に自由が利きませんよね。
自宅とは違って好きな事ができないし、他の患者さんもいますから、勝手な行動はできません。
それに、病状によっては、身体に麻痺が残っていたり、安静が必要だったりして、
身体を動かす事ができない場合もあります。
身体のたった一部でも不自由な状態というのは、生活にかなりの支障がでてしまうものです。
寝たきりの患者さんなど、自分で身の回りの事が出来ない方には、看護師がある程度のお世話をしています。
本当はこまめにできればいいんですけど、毎日業務に追われている状態なので、
なかなかお世話をする事が難しいんですよね。

 

そのような時に、家族がお見舞いに来て身の回りの世話をしてくれると、本当に助かりますし、有難いです。
患者さんの事を一番わかっているのはやはりご家族ですよね。
だから、私達の手が届かないところまで、こまめに行ってくれるんです。
患者さんにとっても、家族に面倒を見てもらうのが一番嬉しいと思うんです。

 

でも、全くお見舞いに来ない家族もいるんですよね。
患者さんにとっては、家族がお見舞いに来てくれる事で、病気の不安や苦痛を和らげる事ができるんです。
入院生活は、いろいろなストレスが溜まりますよね。
そのストレスを軽減してくれるのが、家族なんです。
私達は、お見舞いに来ない家族に対して、連絡をする事もあるんですよ。
でも、全く効果がない方もいるんです。
入院している事で安心しているのかもしれませんけど、家族としての責任があると思うんですよね。
毎日の生活が忙しいのかもしれませんけど、お見舞いに来てくれるだけで、患者さんの気持ちが救われる、
という事をわかって貰いたいですよね。