長期の入院を余技なくされている方にとって在宅医療は羨ましく感じるかも。でも、家族の受け入れや、本人の病状など色々な要素がありますからね。

入院生活というのは、決して快適な物ではありませんよね。
長い入院生活を余技なくされている患者さんは沢山いますが、皆さん、一日でも早く自宅に帰りたいと思っています。
入院生活をしていると、自由な生活をする事ができませんよね。
同室の患者さんが入れば、好きな事はできませんし、気も遣います。
それに、病気の治療の為とは言え、辛い治療や検査を受けなくてはいけません。

 

最近は、在宅医療が勧められていて、長期入院しないで、在宅する事ができる患者さんが増えていますよね。
これは、慢性期の患者さんの他にも、終末期の患者さんで、モルヒネでの疼痛緩和が必要な方も対象になるんですよ。
最期の時間を自宅でゆっくりと自分らしく過ごしたい、と思っている患者さんにとっては、
在宅医療を受けられる事は、すごく羨ましいと感じますよね。

 

でも、在宅医療というのは、患者さんの願いだけでは叶える事が出来ないんですよ。
在宅医療を受ける為には、家族の協力が必要なんです。
身の回りの世話をしたり、体調不良の時の対応など、家族の協力がなければ、在宅医療はできないんです。
患者さんによって、状態は異なりますが、一日中付ききりの介護が必要な方の場合は、家族の負担も大きく、
金銭的な負担も大きくなりますよね。
それに、高齢者の家族しかいない場合には、とても介護をする事はできませんよね。
入院しているのに比べたら、在宅医療の方が金銭的な負担は少ないかもしれませんが、介護が必要な場合、
家族が仕事に出る事ができない、といった状況も考えられます。
そのような状況では、安心して在宅医療を受ける事ができませんよね。
在宅医療を受ける為には、患者さんの病状もありますし、家族の受け入れも関係しています。