看護師の年収と月収について

給料は月給で示しているところと年収で示しているところがあるのですが、看護師の仕事は、24時間365日求められている仕事なので、夜勤手当をはじめとして、休日出勤手当が必ずありますし、病院によっては、家族手当や住居手手当、様々な福利厚生があります。

 

基本給を提示して、基本給はそれほど高くないのに、手当てなどを加算していくことで、月給が高くなっている場合があります。

 

このときに注意したいのは、ボーナスは基本給で計算されるので、基本給が低いと、ボーナスも低く抑えられている可能性があります。

 

基本給でなく、月給表示であれば、ボーナスはそれなりに期待できますね。

 

年収のみの提示だと、管理職はまずこの金額より増えることがあまりありませんし、残業も込みでの年収を提示していたりして、実際働いてみると、提示された額では安い、ということがあることもあるようです。

 

雇用側の思いとしては、給料が少しでも高く見えるほうが人材を得やすいので、求人に出ている給料というのは、現実と違う場合もあるのが実情です。

 

なので、給料は毎月のことなので、しっかりと調べておくことがとても大切です。

 

看護師求人情報サービスを利用して、複数のサイトで、同じ病院の求人を見て、疑問があれば、コンサルタントに相談をして、後悔しないような職場探しをお奨めします。

 

しかしながら、看護師の仕事は専門職だけあって、一般事務などの仕事に比べたら、とても良いお給料です。

 

もちろん、この資格を得るまでの苦労、仕事の労を考えたら、当然のお給料ですが、病院によってすごく差があるんですよね。

 

休日もそうですし、ボーナスも大きな差があります。

 

いろいろと調べて、自分に合った条件で、納得いくお給料の中で働ける職場を探してみることお奨めします。